よくある質問

<かまぼこに関して>


「笹かま」は宮城の名産品だと聞きました。なぜ、宮城で笹かまぼこが有名なのですか?
 
   

 

「笹」と言えば、何を思い浮かべますか?竹、そう。宮城にゆかりのある竹と言えば、伊達家六十二万石の家紋「竹に雀」です。この笹にちなんで「笹蒲鉾」と名づけられ、白身魚のすり身を笹の形に焼き上げるという独特の製法で作られた、笹かまぼこなのです。 昔から豊かな漁場のある陸前仙台=宮城だからこそ、新鮮な魚の美味しい水産加工品が出来るのです。

 

<< 一覧に戻る

遠方にお土産を持って行きたいのですが、真空パックは、日持ちがするのですか?
他の笹かまぼこと同様に、保存料が入っているのですか?
 
   

 

お土産としてかまぼこをご利用との事、鐘崎の笹かまぼこは真空包装の場合、賞味期間は20日間です。 普通の包装と比較をすれば長いように感じられますが、この賞味期間は「要冷蔵(10℃以下)」で保管された場合の日数であることをご理解くださいませ。
商品の持ち運びにつきまして、弊社では「保冷バッグ」のご利用をお奨めいたしております。 また、「保存料」につきましては、従来より、「美味しいものを自然のまま召し上がっていただく。」という観点から、一切の「保存料」を無添加としておりますので、ご購入後の持ち運びにつきましては、ご留意いただければ幸いです。

 

<< 一覧に戻る

一度にたくさんいただいた時など、賞味期限内に食べ切れそうにない場合、冷凍しても大丈夫でしょうか?
 
   

 

笹かまぼこは、やはり賞味期限内でお召し上がりいただくことが何よりなのですが、期限内で食べきれない場合は、下記の方法にて冷凍保存、解凍して下さい。 なお、保存期間は1か月以内が目安です。

※冷凍方法: 

個包装(小袋)からかまぼこを取り出し、ラップフィルムに 1枚づつ包み、冷凍庫に入れてください。(揚げかまぼこ・真空包装の商品はそのままで大丈夫です。)

※解凍方法: 

冷凍庫から冷蔵庫へ移し解凍(目安は10℃以下で8時間)。または、電子レンジで解凍してください(目安は600wで45〜90秒)。

◎解凍後のお召し上がり方
「笹かまぼこ」
グリルなどで軽く焼くか、煮物などにしてお召し上がりください。
「揚げかまぼこ」
そのままでもお召し上がりいただけますが、笹かまぼこ同様調理してお召し上がりください。笹かまぼこを使った料理をこのサイトの「笹かまお役立ちレシピ」でご紹介しておりますので、是非一度ご覧ください。
 

<< 一覧に戻る

ご注文の流れ

追加の商品を選ぶ

電話でのご注文